SCIENCE AGORA

2021年11月3日(水・祝)7日(日)

《プレアゴラ》10月10日(日)11日(月)

f_icon
twitter_icon
jst_logo_icon

No.06-D1911月6日(土)19:00~21:00

集合知ネットワーク構築に向けて

Why we need to have a multilateral collaboration? And what we need to establish it.

国際高等研 International Institute for Advanced Studies

企画概要

コロナ禍で様々な科学的な情報が政治判断に活用され、国民に対する説明においてもこういった科学的な根拠が広く使われてきた。しかし、残念ながら不足している部分が多くみられたことも否定できない事実であろう。では私たちは何を考え、何を誰とどのように議論を行えばよいのでしょうか。有事の際には毎回問題になるものの、猶予期間には手が付けられない。こういった壁をどのように乗り越えればよいのでしょうか。「ヒトが紡ぐ」様々な事象をどのようにとらえ、議論し、形にしていくことができるのでしょうか。

いくつかの組織からゲストをお招きして、これらの解決策を講じ、知の在り方を探ります。

With COVID-19, a variety of scientific information has been used to make political decisions, and this kind of scientific evidence has been widely used to explain the situation to the public. Unfortunately, however, we cannot deny the fact that there were many aspects that were lacking. So what should we think about, and what should we discuss with whom and how? Although the issue comes up every time there is a contingency, it seems to be untouchable during the grace period. How can we overcome these obstacles? How can we capture, discuss, and give shape to the various events by "humankind"?
We will invite guests from several organizations to discuss these issues and explore the way to collaborate together multilaterally. 

登壇者プロフィール

遠藤 薫 エンドウ カオル

日本学術会議連携会員

学習院大学法学部

芝原 暁彦 シバハラ アキヒコ

ニコニコ学会β

恐竜学研究所

産総研発ベンチャー地球技研

馬場 基彰 バンバ モトアキ

日本版AAAS設立準備委員会

京都大学白眉センター

湯浅 誠 ユアサ マコト

サイエンストークス

カクタス・コミュニケーションズ株式会社

高橋 宏之 タカハシ ヒロユキ

株式会社リバネス

宮野 公樹 ミヤノ ナオキ

国際高等研究所

京都大学学融合教育研究推進センター

駒井 章治 コマイ ショウジ

国際高等研究所

東京国際工科専門職大学

プログラム

 

コロナ禍で様々な科学的な情報が政治判断に活用され、国民に対する説明においてもこういった科学的な根拠が広く使われてきた。しかし、残念ながら不足している部分が多くみられたことも否定できない事実であろう。 では私たちは何を考え、何を誰とどのように議論を行えばよいのでしょうか。有事の際には毎回問題になるものの、猶予期間には手が付けられない。こういった壁をどのように乗り越えればよいのでしょうか。 「ヒトが紡ぐ」様々な事象をどのようにとらえ、議論し、形にしていくことができるのでしょうか。

いくつかの組織からゲストをお招きして、これらの解決策を講じ、知の在り方を探ります。

page top