SCIENCE AGORA

2021年11月3日(水・祝)7日(日)

《プレアゴラ》10月10日(日)11日(月)

f_icon
twitter_icon
jst_logo_icon

No.06-B1011月6日(土)10:00~12:00

折り紙の手法を使ってユニバーサル・ジョイントを作る

a method to make universal joint mechanism by ORIGAMI (folding paper)

慶應技術士会 The Institution of Professional Engineers, Keio University

企画概要

img06-b10_00

動力伝達機構の一つであるユニバーサル・ジョイント(自在接手)と同じ機能を折り紙で実現する工作を、テレビの料理番組のようなやり方で紹介することにより、身近に使われている機械技術でありながら一般人が気に留めていない仕組みの一例を認識してもらうとともに、折り紙でも作れるという発想の転換の面白さを来場者に体験してもらう。工作実演を通じて来場者とものづくりについて対話し、特に幼少年期にものづくりの面白さを体験する機会の重要性とその機会のあり方、機会の提供の仕方、工学系への女性の進出向上等を来場者と共に考え、我々の今後の行動に役立てる。また、本日の来場者の生活の中でも生かしてもらう。

http://keiope.org

登壇者プロフィール

   

 

img06-B10_01

西岡 朝明 NISHIOKA Asaaki

技術士/化学部門:セラミックス・無機化学製品。1977年応用化学卒・1979年工学修士。デンカ㈱に40年間勤め技術改善,安全管理等を行い製造現場の方々と対話をして様々な経験をしました。良い技術は人が作りますが、頑張っている人を応援したりして仕事のやりがい、人材育成を考えて行く事も大事だと思います。工作の楽しさの体験を通して、役に立つもの作りに貢献する好奇心について皆様と話しをしたいと思います。

img06-B10_02

関矢 英士 SEKIYA Hideshi

技術士/機械部門:原動機(現動力エネルギー)。1966年機械卒・1968年工学修士。東芝勤務時代は主として自然エネルギーの利用技術の開発業務に従事。東芝プラントシステム勤務時代は主としてエネルギー使用量の削減技術の普及業務に従事。日本科学未来館の科学ボランティア1期生。サイエンスアゴラには慶應技術士会の一員として2013年から5回出展。現在のライフワークは子供たちに科学への関心を持たせること。

img06-B10_03

津布久 道子 ツブク ミチコ

技術士/環境部門:環境保全。92年応用化科卒、94工学修士。ボンド大学経営学修士。大手食品会社研究所研究員を経て、神奈川県で環境行政に20年従事し、環境汚染対策や環境法令の制定・施行を担当していました。現在は沖縄化学技術大学院大学で化学安全管理官として活動しています。ライフワークはリスクコミュニケーションで、化学物質の持続可能な利用によって誰もがベネフットを享受できる社会の実現を目指しています。

img06-B10_04

蔭山 照文 KAGEYAMA TERUFUMI

技術士/機械、総合技術監理部門:原動機。1975年機械工学科卒。大手重機メーカでディゼルエンジン、ガスタービン、ガスエンジンの開発、それらを原動機とした発電システム、舶用推進システムの設計に従事。あるべき技術の目標として、コジェネレーション、液体バイオ燃料を使用した発電システム、ハイブリッド舶用推進システム等の納入を通して高効率動力システムによるエネルギー資源の有効活用の実現を目指しています。

img06-B10_05

須田 裕之 SUDA Hiroyuki

技術士/電気電子部門:情報通信分野。1976年計測工学科卒・1978年工学修士、1992年工学博士。 日本電信電話株式会社研究所、茨城県IT推進室長を経て、筑波技術大学教授。退官後、名誉教授。これまで、光ファイバ製造技術、光アクセス系、高度道路交通システム(ITS)の研究開発、また茨城県における地域情報化政策に携わる。現在、ICTを活用した障害者支援技術、共生社会実現に向けた活動を進めている。

img06-B10_06

後藤 通 GOTO TORU

技術士/機械部門:交通・物流機械及び建設機械。1982年機械卒、1984年工学修士。大手重工業で約25年間、エンジンで走行する大型車両や、その関連機器などの設計に従事。世の中で利用されている各種車両には、今回の工作でとりあげるような、さまざまな機械要素が利用されています。自動車や電車のような身近にある機械には、多くのアイデアや工夫が盛り込まれていることを知っていただける機会になればと思っています。

img06-B10_07

武田 秀雄 Takeda Hideo

技術士/電気・電子部門:発送配変電。1977年計測工学科、1979年工学修士、2011年博士(工学)九州大学。大手電機メーカで、周波数変換、直流送電等の電力用パワーエレクトロニクス関連技術の開発、設計、システムまとめを担当。その後、地方の私立大学教授として学生を教育。現在は技術士事務所で独立。エネルギー問題の解決に向けたパワエレの仕事の継続と若い人の為になることに取組みたいとの想いがあります。

プログラム

10:00

1.出展組織と登壇者の紹介

 

2.ユニバーサル・ジョイントの原理・構造・用途・身近な適用事例等の説明

 

3.折り紙で作るユニバーサル・ジョイントの作り方説明

 

4.以上に関わる質疑応答

 

5.来場者との対話(子どもの理科離れ、工学系への女性の進出向上など)

page top